アフターピルの入手方法は、病院での処方と通販や個人輸入する2種類あります。アイピルは、通販や個人輸入するとお得です。

アフターピルは、アイピルが最適!

アフターピルの入手方法

アフターピルの入手方法は、病院で受診して処方される方法と通販や個人輸入をして購入する方法の2種類あります。

病院で入手

医者の診断を受ける女性

アフターピルの入手方法で、病院で受診して処方される方法には、2つの方法があります。
ノルレボは、日本で承認されているので、処方させるますが、ヤッペ法・プラノバールは、まだ承認されていないため、病院で処方されることができるのは、ノルレボです。

ノルレボ

診療を受ける女性

ノルレボは、性行為のあと72時間以内に1回1錠のみ服用するタイプを言います。日本でも承認されており、病院で処方されいます。
医薬品の副作用救済制度の適応にもなっていますが、その分、費用がかさみます。
各病院によっても異なりますので、お問合せや確認する必要がありますが、およそ10,000円~15,0000円くらいは必要となります。

ヤッペ法・プラノバール

女性の医者

ヤッペ法・プラノバールは、性行為のあと72時間以内に1回2錠、さらに12時間後に再度1錠を服用するタイプです。
日本では未承認となっており、保険の適用外となります。
費用はおよそ5,000円~7,000円くらいかかります。

通販 個人輸入で入手 ノルレボ、ヤッペ法・プラノバール

キーボードの上にカート

もっと安価な方法で入手するには、通販や個人輸入がお勧めです。

性行為のあと72時間以内に1回2錠のみ服用するノルレボ、性行為あと72時間以内に1回2錠服用し、さらにその12時間後に再度2錠を服用するヤッペ法・プラノバールは、それぞれ病院から処方されるよりも、およそ半額以下で購入することも可能です。

価格の相場は、ノルレボ、ヤッペ法・プラノバールともに3,000円~5,000円くらいとなっています。

通販 個人輸入で入手 アイピル

アイピル

さらに、お得な情報として、アフターピルのジェネリック医薬品のアイピルをご紹介します。

アイピルは、インドのシプラ社が開発した、性行為のあと72時間以内1回1錠のみ服用するノルレボのアフターピルのジェネリック医薬品です。

通販や個人輸入のみで入手できますが、さまざまな点で少々抵抗を感じるところもあり、手が届きにくい方もいると思います。

アイピルの場合、有効成分はノルレボ全くいっしょの効果です。
しかも、販売の価格1,000円前後と非常に安価です。まとめて購入されると、1,000円を下回り、費用の負担を小さくなりお得に購入できます。

緊急避妊薬のアイピルの通販