緊急に避妊したい場合、アフターピルがあります。望まぬ妊娠・思わぬトラブルなどのトラブルの回避にとても有効です。

アフターピルは、アイピルが最適!

緊急な避妊方法アフターピル

アフターピル

避妊ピル(低用量経口避妊薬)の服用は、コンドームの着用よりも非常に高い確率で避妊できますが、日本では、あまり一般的ではありません。

性行為の途中で装着したり、途中で破損したりするなど状況の場合や思わぬ事故あるいは性犯罪の被害にあった場合などのトラブルには対処がなかなか難しい点もあります。

その際は、緊急避妊薬のアフターピルが有効です。

アフターピルとは何でしょうか?

医者と相談する男女

アフターピルとは、ひと言でいうと、避妊に失敗したときや思わぬトラブルを被ったときのための緊急避妊薬であり、望まぬ妊娠を避ける経口避妊薬です。

フランスにあるLaboratoire Hra Pharma社で開発された医薬品です。
主な有効成分は、レボノルゲストレルという受精や子宮内への着床を抑制し、妊娠をさける効果があります。アフターピルは、モーニングアフターピルとも呼ばれており、世界的に有名な経口避妊薬です。

アフターピルを服用した際、身体内のホルモンを意図的にバランスをみだして、子宮内膜を剥がす作用が働きます。ホルモンのバランスが乱れた状況であれば、避妊率が高くなります。

アフターピルの効果・用法・用量は?

ナイショ話をする女性二人

アフターピルの効果は、服用する早さが重要です。

早いほど効果が高くなります。特に性行為のあと24時間以内であれば、約95%、72時間以内であれば、約75%の効果あるといわれており、かなり期待ができます。

使用方法には、性行為のあと72時間以内に1回1錠のみを服用するノルレボというタイプと、性行為のあと72時間以内に1回1錠を服用し、さらにその12時間後に再度1錠を服用するヤッペ法・プラノバールというタイプの2種類があります。

アフターピルの副作用は?

具合が悪い女性

報告される多く副作用は、頭痛、吐き気、不正出血、めまい、下腹部の痛み、胸部の痛みや違和感などが報告されています。

一時的なホルモンのバランスのみだれが原因であらわれますが、一般的には、1~2日の期間があれば治まりますが、症状が続いたり、悪化する場合、医療機関や医師などにご相談下さい。

アフターピルの注意する点は?

色々なアフターピル

アフターピルの服用に注意することが何点かあります。

妊娠していたり、もしくは妊娠している可能性が高い方や授乳中の方、心血管系・血圧に障害のお持ちの方、肝機能に障害のある方は、服用でき兼ねます。

アフターピルは、緊急用避妊薬です。妊娠中絶薬ではありません。
妊娠をすでにしている方は、服用でき兼ねます。

服用を何回も連続的にすると、身体への負担がとても重くなります。用量・用法には、十分に注意して服用して下さい。

緊急避妊薬のアイピルの通販