避妊といえば男性用コンドームがメジャーですが、女性用コンドームは女性の膣内に装着可能な避妊具です。

アフターピルは、アイピルが最適!

女性用コンドーム

女性

コンドームというと、一般的には男性用のコンドームを思い浮かべる人が過半数を占めるほどの知名度を誇る男性用コンドームは、性感染症と避妊が同時に行える優秀なアイテムですが、実際に使用した事があっても本当は使いたくないと多くの男性は思っているかもしれません。
男性用コンドームの着用協力を得られない場合、女性側が性行為の直前に出来る避妊として、女性用コンドームを使用するという手段も残されています。 しかし、女性用コンドームは、現在日本国内では市販で入手する事ができないため、個人輸入などを利用して海外から入手する必要があります。

男性用と比べてしまうとそうしても知名度や信頼性に対す評価は低くなりがちですが、正しく装着できた時の避妊確率は95%で、男性用のコンドームと比べても遜色ありません。

性感染症と避妊を同時に行えるアイテムとして優秀なのは女性用も同じですが、男性側が勃起状態にない場合も外れる心配がなく、性行為前の数時間前や勃起前から装着でき、男性用コンドーム装着時の間が苦手な人でも使用しやすいでしょう。 男性用コンドームよりも一回り大きな形状で、先端には膣の奥まで指で挿入できるよう曲げられるリングが付いており、膣内に挿入しやすいような体勢でリングを細く曲げて膣の奥まで挿入します。日頃からタンポンを利用している女性ならば挿入のイメージがつきやすいでしょう。女性用コンドームは、挿入がしやすいように滑りやすい状態ですが、潤滑剤を使用する事で装着しやすくなります。膣から2~3cmほど外側のリングに出ている状態で装着完了です。殺精子剤と併用する事で妊娠の確率を下げる事ができます。

欠点として、初めての使用の場合は装着になれずに時間がかかったり、慣れない感覚に女性側や男性側に違和感や不快感を感じる事があります。行為中に女性用コンドームが膣内に入り込んでしまう事があります。行為中に音が気になってしまう事もありますが、潤滑剤を使用する事で緩和する事は可能です。男性用コンドームと併用すると、摩擦によってお互いのコンドームに破損が生じたり女性用コンドームの外側のリングが膣内に入り込んでしまう可能性があります。長い爪などに引っかかってしまい、破損の原因になる可能性があります。あまり人目につかないせいか、男性用コンドームと比較すると値段も高めの傾向にあり、高コストな分ますます知名度が下がってしまうようです。

100%の避妊法ではないため、避妊に失敗し妊娠してしまう可能性もあります。直ぐに病院に行けずに時間を無駄にするよりも緊急避妊法としてアフターピルを自分で所持しておく事も身を守る術になります。

緊急避妊薬のアイピルの通販