子宮に小さな器具を入れて、数年にわたり避妊することができ、リスクも低い安全性が高く、失敗する可能性が低い方法です。

アフターピルは、アイピルが最適!

女性の意志で行う避妊方法 子宮内避妊システム

女性の意志で行う方法のひとつとして、次に子宮内避妊システムについて、ご紹介します。

子宮内避妊システムとは何でしょうか?

医者の相談を受ける女性

子宮内避妊システムとは、プロゲステロンという黄体ホルモンを子宮内で持続的に放出させる避妊方法であり、子宮内避妊システム(Intrautierine System)の略で、IUSと呼ばれます。

IUSは子宮内に装着する小さな器具の事で、一度装着すると数年(約2~5年)にわたり避妊する事ができます。出産経験があり、今後妊娠を望まない方や、次の妊娠まで期間を置きたい方に向いている方法です。IUSの使用に適した身体であれば、避妊に失敗する可能性は低く、副作用などのリスクも比較的低く安全な方法です。

さまざま形や形状があります。プラスチック製のT字の形のもの、ギザギザでさかなの骨に似たものなどがあります。

子宮内避妊システムとは、主にプロゲステロンという黄体ホルモンを用いた器具のことを指します。

子宮内避妊システムの働きは?

医療器具

子宮内避妊システムの働きは、器具の軸についているプロゲステロンという黄体ホルモンが子宮内膜に作用を及ぼします。

子宮内膜を厚くさせることを防ぎ、受精卵の着床を妨げる作用によって、妊娠しないようにするうえ、子宮頸管の粘液を変化させて子宮内に精子が入られないようにする作用もあります。

子宮内にプロゲステロンという黄体ホルモンを持続的に放出させる働きにより、子宮内膜を厚くさせることを防ぐため、子宮からの経血量が減ります。そのため、生理時の出血量が少なくなったり、生理痛が軽くなったりします。

生理が原因の貧血にも改善する効果が期待できます。すべての方に及ぶわけではありませんので、選択肢のひとつとして押さえておくこともいいでしょう。

子宮内避妊システムはどこで入手できますか?

女性の医者と女性の患者

子宮内避妊システムの装着する・除去するにあたり、産婦人科や婦人科の医師の受診が必要です。
お近くの薬局・ドラッグストアなどで購入はできません。

受診には、子宮の位置、大きさなどの検査、妊娠の有無、性感染症を感染しているか否かなどを確認したうえで使用が可能です。

ただし、注意事項として、成分に過敏症がでる方、重い肝機能障害のお持ち方、妊娠している方などは使用に適していません。
出産未経験の場合、子宮が開きにくく器具の装着が難しいため出産経験者の方が装着に適しています。

子宮内避妊システムの副作用は?

頭を押さえる女性

副作用は、生理時期以外の出血が装着後あらわれることが報告されています。

頭痛、生理の日数延長、生理周期の変化、卵巣のう胞なども症状としてあります。
ホルモンのバランスの乱れによるものがほとんどなため一時的にあらわれますが、症状が続いく場合や悪化する場合には、専門の医療機関の医師などにご相談下さい。

緊急避妊薬のアイピルの通販