望まない妊娠・思わぬトラブルの回避のため、避妊ピル(低用量経口避妊薬)やアフターピル以外にもコンドームを使う方法をあります。

アフターピルは、アイピルが最適!

望まない妊娠をしないために

避妊ピルとコンドームと口紅

望まない妊娠を避けるためにも、お互いが妊娠する可能性のリスクを回避するように努めなければなりません。
そのためには、不用意な性行為をすることは止めるように、男性も女性もお互いに相談し合う必要がありますが、これからを決めていくためには、やはり専門の医療機関の医師などに相談することで取り組めるのではないでしょうか。

妊娠を避けるための手段

コンドームをつまむ男女

妊娠を避けるための手段として、男性が主導で行う方法と女性の意志で行う方法との2つあります。
男性が主導で行う方法を2つここで紹介します。

一番のイメージしやすい避妊の方法でもあるのですが、コンドームを着用することです。
この方法は、妊娠を避けるための手段として、主流であり、コンドームは、その使いやすさ、価格、入手しやすさなどからどの世代においても利用されています。コンドームは、ゴム製の袋状のを男性の性器に被せることにより、妊娠することを避ける効果があるものです。また、性感染症を防ぐ有効な手段としても利用されています。

ここ最近では、コンドームのメーカーは、おしゃれなデザインなものや殺精子剤が使われているものなどさまざまな種類があるうえ、気軽に購入でき、また避妊率を高めたりするものもあります。

そんなコンドームの着用でどれくらいの避妊率なのでしょうか?

コンドームをつまむ手

日本産婦人科医会の調査では、コンドームを着用すれば避妊率は、およそ95%といわれています。この数字は、正しく使用した場合の確率で表されており、性行為のはじめから終わりまで着用した場合を示しています。性行為の途中で装着したり、途中で破損したりするなど状況を含めた場合では、避妊率はおよそ85%前後といわれており、避妊率は下がります。
そのためにも、コンドームの避妊率を高く使用するには、着用する前に確認することです。

もうひとつは、避妊率は非常に高い方法の避妊手術で、いわゆるパイプカットがあります。
パイプカットとは、精管結紮術のことを指し、精管という精子を作る精巣と精子をためる精のうとの結ぶ管を縛り、精子が出されないようにする方法です。日帰りでできる手術で避妊効果が高いですが、手術すると、もとに戻すことは難しくなりますので、十分に考えたうえで行うことをお勧めします。避妊に関して、男性の方もと女性の方もお互いに向き合うことがとても大切になります。

緊急避妊薬のアイピルの通販