避妊とは何でしょうか。避妊の意識のちがいや一般的な方法について、お互いの相手ときちんと確かめあわなけばなりません。

アフターピルは、アイピルが最適!

避妊について知っていますか?

言い争う恋人

男性の方も女性の方も、ここ最近、ライフワークバランスを充実させた生活を強める傾向にあります。
特に女性は、将来、出産、育児という大きなイベントに関わりが大きいので、よく加味することが重要です。女性が社会への進出が多くなるにつれて、働く女性は、いくつまでにこういった仕事したい、仕事がおもしろく、キャリアのアップにつなげたいなどの自立した生活を得て、仕事も恋愛も楽しみもっと女性らしく生きたいという方が多いことでしょう。
避妊において十分に考えることもとても大切なことです。

では、避妊とはいったいどんなことなのでしょうか?

避妊とは

言い争う男女

避妊とは、避妊具などの道具を用いたり、避妊薬の避妊ピルアフターピルを服用したり、手術などの技術や方法を使って、受精または受精卵の着床を妨げることにより、妊娠を避ける方法です。
本来、子どもを授けるために性行為を行いますが、自分本位で快楽や欲求を満たすためだけに性行為を行うため、ここ最近、妊娠や出産において、避妊に対する考えを話し合い、お互いの今後を決めなければなりません。
いざというとき、妊娠や主産に関してあいまいな場合には、費用が必要以上にかかったり、身体への負担も重くなることもあるので、避妊について理解する必要があります。

避妊の意識のちがいは?

大勢の外国人

日本では、避妊する意識が軽く考えられていますが、世界各国の意識はどうでしょう?

各国々にもよりますが、望まない妊娠をすることは、極めてみだらなこととの意見があります。日本では、コンドームを使用することが避妊する方法の主流となっています。
欧米諸国では、女性の避妊への意識が非常に高いため、妊娠や出産は女性だけに与えられたこととして、負担を負うのも女性という考え方が一般的です。
そのため、避妊方法は、女性の意志による避妊方法の避妊ピルが欧米諸国では、主流となっています。

このような意識のちがいから、望まない妊娠や出産の負担は、身体的にも、経済的にも、もっと男性も女性も積極的にお互いを考えることは意識を高めるうえで求められることです。

一般的な避妊する方法は何でしょうか?

悩む男性の後ろ姿

避妊は、女性だけの問題ではなく、男性にも大きく関わりますが、代表的な手段として、6つあります。

コンドーム・避妊薬(避妊ピル・アフターピル)・子宮内避妊用具リズム法基礎体温法頸管粘液法)・避妊手術があります。

これらの方法は、男性が主導で行える方法と女性の判断で行える方法と2つあり、メリットやデメリットなどの特徴を把握して、生活習慣や年齢的な面から身体に負担のないような適切な避妊方法を選ぶことがとても大切です。

緊急避妊薬のアイピルの通販