望まぬ妊娠・思わぬトラブルを回避するアフターピルは、ノルレボのジェネリック医薬品アイピルが一番効果を発揮します。

アフターピルは、アイピルが最適!

アフターピルはアイピル

アイピル

女性の社会進出などの自立した生活からもっとライフスタイルを確立したいという声が増えています。
男性も女性もお互い避妊のことを確かめ合うことが大切なうえ、失敗しない避妊が必要です。
方法はさまざまですが、性行為後に避妊に失敗と感じたとき、思わぬトラブルを被ったときの緊急用に服用するアフターピルは、アイピルが一番最適!

アイピルのメリット&デメリット

アイピル
メリット
デメリット
通販で安く購入できます! 緊急以外服用しない×
妊娠を避けることができます! 服用する時間で効果が弱まる×
思わぬトラブルには対処ができます! 毎回服用できない×

アフターピル比較

マドンナ アイピル ポスティノール2 アンウォンテッド72
マドンナ アイピル ポスティノール2 アンウォンテッド72
メーカー Bionpharm Chemicals シプラ Gedeon Richter マンカインドファーマ
シンガポール インド シンガポール・インド インド・シンガポール
有効成分 レボノルゲストレル0.75mg レボノルゲストレル1.5mg レボノルゲストレル0.75mg レボノルゲストレル0.75mg
用法・用量 2錠/1回 1錠/1回 2錠/1回 1錠/1回
24時間以内で効果大
性行為後72時間以内1錠
さらに12時間経過後1錠服用

性行為後72時間以内1錠
性行為後72時間以内1錠
さらに12時間経過後1錠服用

性行為後72時間以内1錠
副作用 正出血、胸の張り、嘔吐など 吐き気・頭痛・胸の張り・不正出血など 頭痛・めまい・下腹部痛・下痢・腹痛・嘔吐など 吐き気、嘔吐・腹痛・動悸・頭痛・出血など
価格/1錠あたり 1,350円~ 1,350円~ 1,035円~ 1,140円~
マドンナの説明>> アイピルの説明>> ポスティンール2の説明>> アンウォンテッド72の説明>>
マドンナの購入>> アイピルの購入>> ポスティンール2の購入>> アンウォンテッド72の購入>>

注目トピック

言い争う男女

避妊とは

避妊とは、避妊の道具などや避妊薬を用いたりして、受精または受精卵の着床を妨げることにより、妊娠を避ける方法です。
ここ最近、子どもを授かるためではなく、自分本位の快楽や欲求満たすため、妊娠や出産に対して、きちんとした避妊をお互いに確かめ意識を高めて、将来を決めなければなりません。

錠剤

アフターピル

アフターピルとは、避妊に失敗したときや思わぬトラブルを被ったときの緊急用避妊薬です。有効成分のレボノルゲストレルは、受精と着床を抑える効果があります。服用すると体内のホルモンのバランスを乱し、避妊を高めます。性行為後72時間以内1回のみ1錠服用するタイプ(ノルレボ)のジェネリック医薬品です。

コンドーム

コンドームの着用

コンドームは、正しく使用した場合避妊率がおよそ95%いわれるほど高い避妊率です。使いやすく、入手しやすい、妊娠を避けるだけでなく、性感染症を防ぐため、多くの世代から利用されています。
おしゃれなデザインなものや殺精子剤が使われているものなどさまざまな種類があります。

カレンダー

リズム法とは

リズム法は、女性の月経周期や基礎体温から身体のリズムから、妊娠しやすい日や妊娠しにくい日を予測する方法です。主にデータをもとに予測することが一般的です。
基礎体温法や頸管粘液法で、排卵日の周期を割り出します。確実なものではないですが、身体への負担がいっさいないことが最大の魅力です。

錠剤

避妊ピルとは

避妊ピル(低用量経口避妊薬)とは、避妊率が非常に高い確率の避妊方法です。
日本でも認可を受けていますが、あまり一般的に普及に至っていません。毎日1錠服用し、一時的に増やすことで、ホルモンの分泌をコントロールし、受精卵が着床しないようにします。子宮頸管の粘液を変化がさせて、精子が入らないようにもします。

アイピル

アイピル

アイピルは、アフターピルのノルレボのジェネリック医薬品です。
性行為のあと72時間以内1回1錠服用します。通販や個人輸入のみで入手することができます。しかも、お手頃な価格入手でき、まとめて購入されると、1,000円を下回りますので、費用の負担を小さくなりお得に購入できます。

手術風景

避妊手術とは

避妊手術とは、男性も女性も両方ともにできる方法で、絶対に妊娠を望まない、希望しない、将来的にみても、もう妊娠をしたくないなどという方々への、完全な避妊をする手術によって行う方法です。
一度手術を行うと、もとに戻すことは難しくなりますので、十分に考えたうえで行うことが重要です。

避妊用具

子宮内避妊用具とは

子宮内避妊用具とは、小さな器具を入れることで、異物の反応で、子宮内膜から分泌される物質により、精子と卵子の受精を妨げ、子宮内膜への着床を抑える避妊方法です。別名、IUDとも呼ばれていたり、リングとも呼ばれています。

一度装着すると、数年にわたり避妊を可能にします。

大勢の外国人

避妊する意識

日本では、避妊する意識が軽く考えられています。
コンドームを使用することが避妊する方法の主流となっています。

欧米諸国では、女性の避妊への意識が非常に高いため、妊娠や出産は女性だけに与えられたこととして、負担を負うのも女性という考え方が一般的で、女性の意志による避妊方法のピルが主流となっています。

コンドーム

コンドームの避妊率

コンドームを着用すれば避妊率は、およそ95%といわれています。性行為の途中で装着したり、途中で破損したりするなど状況を含めた場合では、避妊率はおよそ85%前後といわれており、避妊率は下がります。
避男性の方もと女性の方もお互いに向き合うことがとても大切になります。

緊急避妊薬のアイピルの通販